妊娠線予防クリームの選び方ポイントとおすすめランキングTOP5

妊娠線を予防するためには、とにかくクリームを使ったお肌の保湿ケアが大切です。数多くある妊娠線予防クリームはどのような基準で選ぶと良いのでしょうか? 品質とコスパを兼ね備えたおすすめ妊娠線予防クリームランキングにしました!

妊娠線は半数以上の妊婦さんにできてしまう!

妊娠線は全体の5~6割の妊婦さんにできているという調べがあり、第二子以降、経産婦の場合は何と7~8割もの人に妊娠線ができているといわれています。

たとえ妊娠初期~中期に妊娠線ができていなくても、油断は禁物です! 妊娠後期や臨月に入ってから、最後の最後で妊娠線ができてしまった…という妊婦さんも少なくありません。

ついつい皆が抱きがちな「根拠はないけれど、何となく私は妊娠線ができないだろう」と過信するのは危険!妊娠線は誰にでもできてしまう可能性があるということを知っておきましょう。

妊婦 お腹 妊娠線

妊娠線ができる原因は?

皮膚の急激な伸び

そもそも妊娠線ができる仕組みは、急激なお腹の膨らみによって真皮や皮下組織が伸びについていけず、皮膚が引っ張られてしまうことで亀裂が生じることでできるものです。

個人差はありますが、つわりがおさまりお腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月頃から妊娠線に注意が必要です。臨月前は急激にお腹が膨らむため、妊娠後期に妊娠線ができてしまう人が多いようです。

ホルモン分泌量の変化

妊娠すると「コルチステロイド」というホルモンの分泌量が増えます。このホルモンには、肌のターンオーバーを抑制する働きがあります。そのため、妊娠中は肌に弾力がなくなり、カサカサになりがちに。皮膚の皮下組織に亀裂が入りやすくなってしまうのです。

こんな人は特に注意!「妊娠線ができやすいタイプの人」

妊娠線はすべての妊婦さんにできてしまう可能性があるものの、体質や体型など特にできやすいタイプの人がいます。下記に該当する人や思い当たることがある人は、に妊娠線が特にできやすいと自覚してください。注意してしっかり妊娠線を予防しましょう!

  • 乾燥肌の人:(理由)肌に柔軟性がなく亀裂が入りやすい
  • 小柄・痩せ型の体型の人:(理由)急激なお腹の膨らみについていけないため
  • もともと太り気味の人:(理由)皮下脂肪が厚いので亀裂が入りやすい
  • 経産婦:(理由)2人目以降はさらに太りやすくお腹の膨らみが大きくなりやすいため
  • 双子などの多児を妊娠している人:(理由)通常よりお腹の膨らみが大きいため

⇒上記のような妊娠線ができやすいタイプの人も、妊娠線予防クリームでお肌を保湿し柔らかくしておくことで、妊娠線は予防できます!

以下でご紹介する予防方法とクリームを参考にして、きれいなお腹をキープしましょう。

妊娠線予防にはとにかくクリームを使って保湿!

妊娠線予防 クリーム

多くの妊婦さんが経験してしまう妊娠線ですが、予防することは不可能ではありません。

妊娠線予防のためには、クリームを使ってとにかく絶対的な「保湿ケア」が必要です!皮膚をクリームで柔らかくしておくと、急激にお腹が膨らんでも、亀裂が起きにくくなります。

妊娠初期から、妊娠線予防クリームでのケアを続けることで、「妊娠線ができなかった」という妊婦さんも多くいます。

妊娠線予防クリームは妊娠初期から始めるのが理想的

妊娠初期、できるだけ早期に妊娠線予防をスタートするのも大切なポイントです。妊娠前から全身の保湿ケアを日々の習慣にしていた人は、妊娠線ができにくいともいわれています。

しかし、つわりがひどくて「クリームどころじゃない…」という場合は、無理しなくても大丈夫!

安定期に入った妊娠5ヶ月頃からでも構いませんので、できる時から妊娠線予防クリームを始めましょう。妊娠線は臨月や妊娠後期にできたという人が多いので、出産まで油断せず最後までケアを続けるとよいですね。

お腹以外の部位もクリームを塗ろう

妊娠中に皮膚が伸びるのはお腹だけではありません。全体的に脂肪がついてくるので、胸やおしり、太もも、二の腕にもしっかり妊娠線予防クリームを塗りましょう。

また、妊娠後期になると、自分では見えにくい下腹部に妊娠線ができやすくなります。産後に妊娠線ができているのを気が付いた人もいます。見えづらい部分も鏡で見ながらクリームでケアしましょう。

妊娠線は産後もクリームを続けることで薄くすることができる

また、残念ながら妊娠線ができてしまったという産後のママも、妊娠線予防クリームを塗り続けることで、徐々に妊娠線を薄くすることができます。できてしまった妊娠線も諦めずに保湿ケアを続けましょう。

一方で、妊娠線は一度できてしまうと、残念ながら完全に元通りに消えることはありません。まずは妊娠線ができないように、妊娠線予防クリームを使ってしっかりと妊娠線予防をすることが大切です!

そのクリームで大丈夫? 妊娠線予防クリームの正しい選び方

ポイント1.妊娠線予防クリームは保湿力が重要

妊娠線予防クリーム 保湿力

妊娠線をどうしても予防したいときは保湿ケアを第一優先して。そのため、保湿力が高くて保湿効果が長続きする妊娠線予防クリームがおすすめです!

いくら値段が安い妊娠線予防クリームでも、いくらスルスルと伸びの良い妊娠線予防クリームでも、保湿力が高くなければ結果的にコスパが良いとはいえません。

皮下組織まで浸透する保湿力の高い妊娠線予防クリームを選びましょう。

ポイント2.妊娠中の敏感肌にも安心して使える天然由来成分クリーム

妊娠線予防クリーム オーガニック

妊娠中は体調だけでなく、肌もとってもデリケートです。妊娠前とホルモンバランスが違うことからも、それまでは大丈夫だった化粧品などでいきなり肌荒れしてしまうことも・・。不純物や化学成分が含まれる妊娠線予防クリームは避けて、妊娠中も安心して使える優しい成分のものを選びましょう。

毎日使うものだから、できるだけオーガニックで無添加の妊娠線予防クリームが安心でおすすめです。

また、余った妊娠線予防クリームは産後ケアにも使えますので、赤ちゃんが触れても安心なクリームにしておくと便利ですね。

ポイント3.テクスチャや香りなど使い心地のいいクリーム

妊娠線予防クリーム 使い心地

妊娠線予防クリームは、妊娠中から産後まで長い期間、毎日使うもの。妊娠発覚後から出産までに、平均で3本程度をリピートする人が多いようです。しかし、自分にとって使い心地が良い妊娠線予防クリームでないと長続きはしません。

妊娠線予防のための保湿アイテムには、クリームだけでなくてオイルやローションなどがあります。この中ではオイルが保湿力が一番高いものの、伸びが悪いためお風呂上がりの使用など、使い勝手が限定的。伸びの良さや保湿力、肌なじみ、使い勝手の面で、総合的にクリームがダントツ妊娠線予防におすすめです!

また、妊娠中のつわり時にも使える微香料であること、妊娠中のナイーブな気分をリフレッシュしてくれるお気に入りのデザインであることも女性にとっては大切なポイントでしょう。

妊娠線予防クリームおすすめランキングTOP5!

上記でご紹介した妊娠線予防クリームの選び方のポイントをもとに、保湿力、成分、コスパ、口コミ等を総合的に判断し、本当におすすめしたい妊娠線予防クリームを厳選して選びました。おすすめランキングです!

おすすめ第1位 シンスボーテ(SINCE beaute)ボディミルクローション

妊娠線予防クリーム シンスボーテ

●容量:200ml
●価格:4800円(税抜) ※割安になる定期コースあり

【妊娠線予防クリーム シンスボーテ 比較データ】

保湿力
成分の安全性
伸びの良さ・使い心地
コスパ

シンスボーテは、Amazonランキング第1位のベビーローションや赤ちゃん用日焼け止めで有名な国産オーガニックベビースキンケアブランド「アロベビー」の産前・産後のママに特化したブランドです。ママ向けのシンスボーテも、全製品が国産99%以上天然由来成分という、徹底的に成分にこだわってつくられています。

このクリームもオーガニックなので、妊娠中のデリケートなお肌にも安心して使えて、産後は赤ちゃんが触れても大丈夫。妊娠中~プレママのクリームとしてぴったりです。

肝心の妊娠線予防の効果は、ヒアルロン酸の10倍もの保湿力がある、希少な高級海藻成分の「スイゼンジノリ」を配合。妊娠線予防だけでなく、できてしまった妊娠線や肉割れケアにも効果があります。

無香タイプのクリームではなく、リラックスできるほのかな天然アロマの香りが好評で、つわり中にも無理なく使えるという愛用者の声が多数。オーガニッククリームにありがちな、「伸びが悪く」「白くなる」ということもなく、スッとお肌に馴染み妊娠中のお腹にも塗りやすいです◎。

妊娠線予防クリームに必要な要素をクリアしたおすすめランキング第1位の製品です!「赤ちゃんのエコー画面」をモチーフにしたおしゃれなパッケージでギフトにもおすすめです。

シンスボーテの妊娠線予防クリームの口コミ

  • 口コミ1:伸びが良くて、すごくしっとりしました。お腹の下の部分やお尻など広範囲に塗りましたがべたべたせず気持ちよく使えます。
  • 口コミ2:臭いに敏感になっていて、香りがダメな海外製も多かったのですが、こちらの商品はアロマ系の香りが強すぎず、とても優しく良い香りです。
  • 口コミ3:アロベビーのミルクローションを親子で使っていてとても良かったので、ママ用も良いのではと思い購入。アロベビーのミルクローションよりさらにしっかり保湿される気がします。

シンスボーテ ボディミルクローション

おすすめ第2位 エルバビーバ ストレッチマーククリーム

妊娠線予防クリーム エルバビーバ

●容量:125ml
●価格:4892円(税込)

【妊娠線予防クリーム エルバビーバ 比較データ】

保湿力
成分の安全性
伸びの良さ・使い心地
コスパ

おすすめランキング第2位は、カリフォルニア発の人気オーガニックスキンケアブランド「エルバビーバ」のストレッチマーククリームです。

妊娠中にも安心して使えるオーガニック成分100%な点が、毎日使う妊娠線予防クリームとしてうれしいポイント。シアバターやナツシロギクなどの天然の保湿成分が、急激に大きくなるお腹の皮膚をしっかり保湿して妊娠線を予防してくれます。

妊娠初期のつわりの時期には「少し使いにくい香り」という声もあり、海外産クリーム特有の強い香りは購入前に確認するのがおすすめです。少し硬めのテクスチャでこちらも好き嫌いが分かれそう。

エルバビーバの妊娠線予防クリームの口コミ

  • 口コミ1:黄色く軽いテクスチャーのクリームは、さらりとお肌にのびてべたつき一切ありません。ストレッチマークを消す、ということは、首やお腹まわりの乾燥シワにも効くかも?と淡い期待を抱きながら毎日せっせと塗りこんでいます。べたつきがないので、首元やお腹に使ってもすぐに洋服を着れて便利。
  • 口コミ2:こってりしたクリームで、保湿力はあると思いました。ほどよい硬さでマッサージしやすいです。
  • 口コミ3:ハーブっぽくていいかも?と思ったのは束の間。かなり香りが強く塗った手にもずっと残るほど。つわり中は特に匂いに敏感だったため、ちょっと苦手でした。

おすすめ第3位 キャリネス ボディクリーム

妊娠線予防クリーム キャリネス

●容量:200g
●価格6696円(税込)

【妊娠線予防クリーム キャリネス 比較データ】

保湿力
成分の安全性
伸びの良さ・使い心地
コスパ

「キャリネス」は美容皮膚科医が開発したドクターズコスメブランドです。専門家だからこそわかる妊娠線の仕組みに着目し、開発者が「自分のために使いたい」という妊娠線予防クリームを開発。

妊娠線ができやすいお腹やおしりなどの広範囲に使えるようにと、クリームのテクスチャにこだわっていて、使いやすさも好評な点です。また、無香タイプの妊娠線予防クリームなので、匂いに敏感な妊婦さんにおすすめです。

皮膚科医監修の実力派の妊娠線予防クリームといえますが、価格が比較的高めでコスパの面で少し低いことから3位にランクインしました。

キャリネスの妊娠線予防クリームの口コミ

  • 口コミ1:高価でも良いクリームを使った方が良いかも・・・と思い購入しました。もうすぐ10ヶ月になりますが、お陰様で妊娠線は一本もできていません。
  • 口コミ2:ぼてっとしたテクスチャーですが、塗るとそこまでベタつかなくて過ごしやすいです。その分保湿は十分なのかも。
  • 口コミ3:お腹・胸・太ももに使って、伸びもよく潤いも満足ですが、お値段が高いです!たっぷり使いたいものなので、もう少しお手軽価格だと助かります。

おすすめ第4位 ママアンドキッズ ナチュラルマーククリーム

妊娠線予防クリーム ママアンドキッズ

●容量:470g
●価格:8100 円(税込)

【妊娠線予防クリーム ママアンドキッズ 比較データ】

保湿力
成分の安全性
伸びの良さ・使い心地
コスパ

次におすすめしたいのが、育児雑誌でもお馴染みのママと赤ちゃん向けスキンケアブランド「ママアンドキッズ」のナチュラルマーククリームです。

妊娠線予防に効果があるとされる、「カレンデュラ」や「ヒアルロン酸」などの高保湿成分を配合。肌馴染みが良く、ベタつかない妊娠線予防クリームなのでお腹だけでなく全身に使えます。

大容量タイプでポンプ式な点も使い勝手がよいものの、クリームが乳液状でさっぱりしています。人によっては保湿力が物足りないと感じる人もいます。

ママアンドキッズの妊娠線予防クリームの口コミ

  • 口コミ1:マッサージ不要なところも気に入っています。お肌が本当に弱い人も安心して使えます。
  • 口コミ2:クリームなのにオイルにも勝る保湿力、丸一日持つ持続力が気に入っています。しっかり保湿したい方にオススメです。
  • 口コミ3:使用感はとても良かったのですが、唯一気になるのは値段ですね。

おすすめ第5位 クラランス ストレッチマーク ボディクリーム

妊娠線予防クリーム クラランス

●容量:200ml
●価格:7560円(税込)

【妊娠線予防クリーム クラランス 比較データ】

保湿力
成分の安全性
伸びの良さ・使い心地
コスパ

ボディスキンケアに定評のあるフランスの高級スキンケアブランド「クラランス」のストレッチマーククリームが、さすがの効果の高さでおすすめ第5位にランクイン。

リッチで弾力のあるクリームが肌になめらかに伸びて、妊娠線を予防し柔らかなボディへと導きます。しっかりとした保湿力の高さが自慢のクリームです。

一方で、効果や使い勝手が人それぞれで、継続しづらい高価格帯がやはり使う人を選んでしまうようです。

クラランスの妊娠線予防クリームの口コミ

  • 口コミ1:肌馴染みがよく本当にしっとりとするので、大きくなるお腹にもちゃんと肌がついていきました。
  • 口コミ2:少し重めのクリームですが匂いもなくツワリの辛い方でも問題なく使えるのでは。
  • 口コミ3:マッサージしていると、ボロボロとカスが出てくるので少し使いにくかったです。

妊娠線予防にはやっぱり専用クリームを選んで

妊婦 お腹

妊娠線予防クリームは、一般的な保湿ボディクリームよりも価格が高い印象があるかもしれません。それは、確かな効果と安全で良質な成分を使っているからこそ。普通のボディクリームではダメ、というわけではありませんが、妊娠線にはやっぱり専用のクリームを選んだ方が効果的といえます。

妊娠中の気分を上げてくれたり、産後のボディケアや赤ちゃんの保湿にも使えるような、お気に入りのクリームを選んでくださいね。